【ビジネスで学ぶ】本当の学びとは?学ぶことなぜ稼げるのか?【サラリーマン・主婦・副業・5万】

こんにちは鳥居です。

本日は学ぶことについてお話したいと思います。

 

 


皆さんは学ぶと聞いてなにを連想いたしますか?

  • 勉強
  • 学校

このあたりを連想するのではないでしょうか?

私も学ぶと聞いて一番最初に連想したのが「学校」です

その学校ではなにを学びましたか?

  • 国語
  • 算数
  • 理科
  • 社会
  • etc

小学校の時間割を思い出して書き出しました

ここで学ぶは教科ごとになにかを勉強することだと連想しますが

すべての教科に共通していること

それは?

先生の話や教科書を読んで、覚える、そして考える事

もっと簡単にすると

先生と同じことをできるように真似ておぼえることです

ここが大切です。

「真似ておぼえる」

そもそも、学ぶとは?

【意味】 学ぶとは、教えを受けて知識や技芸を身に付ける。勉強する。学問をする。まねる。

学ぶは、「まねぶ(学ぶ)」と同源で、「まねる(真似る)」とも同じ語源である。
そのため、学ぶの語源は「真似ぶ(まねぶ)」とされることも多いが、「まなぶ」と「まねぶ」は同じ時代に見られる語で、その前後関係ははっきりしていない。
「真に似せる」の意味から「まね」や「まねぶ」が生まれ、「まなぶ」という語が生じたか、「誠に習う」の意味から「まなぶ」が生まれ、名詞形「まね」と、その動詞形「まねぶ」の語が生まれたと考えられる。
「まなぶ」は、教えを受けたり学問をする意味で多く用いられ、「まねぶ」は「まなぶ」よりも学問をする意味は薄く、模倣する意味で用いられることが多かった。
また、「まねぶ」は主に口頭語として用いられていたが、「真似る」が広く用いられるようになったため、「まなぶ」の雅語(雅言)として扱われるようになった。

 

学ぶ=まねる

同じ意味なんです

だからビジネスだってまねていいんです!

日本の自動車産業を同じことをしています

戦後の日本は海外の有名メーカーの商品をとにかく真似た商品を作り

品質の良い物を作っていきました

それが現在の日本車の品質につながっています

 

私達も同じように、よく売れている商品をまねていいんです!

そして、なぜ良くれるのかを研究して

改善をしていくことです

 

私はこの「まねる」「改善する」を沢山していきました

今でも同じように繰り返しています

 

この考え方はどんなビジネスだろうと通用する考え方です

eBay輸出でもそれ以外のビジネスでも成功するには

まねること!

相手が呆れるぐらいにまねることです!

 

副業でeBay輸出を考えているなら

気になる出品者を徹底的にリーサルをして

相手がどんな物を取り扱っているか

どんな風に考えて出品しているか考えましょう!

そうして、自分のスキルにしてしまうことです

 

自分のスキルにしたらこっち物です!

日本製の品質が良い 中古商品を仕入れて

海外の方へ、適正な価格で販売しましょう!


↓↓facebookフォロー歓迎↓↓

cropped-_S.jpg

記事が気に入りましたら、バナーをクリックしていただけますと嬉しいです

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ       

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL