【中級編】撮影で綺麗に取れない人へ、鳥居の撮影機材も紹介。簡単撮影方法

初級編を読んでいない方は初級編を先に読んでくださいね!

初級編はこちらから!


初級編では撮影BOXを作りました。

中級編では初級編よりも画面を明るくする方法をご紹介いたします。

 

商品の前にレフ板を設置する

レフ板とは俳優さんを撮影するときに、銀色の板を持っている人を見かけると思います。

モデルレフ板

レフ板を対象に向けると光を反射させて

物体を明るくすることができます。

撮影時にはこんな風に使います。

mozou4big

物体のどこを明るくしたいかを考えながらレフ板の角度を変更しましょう!

レフ板って結構高いので自作することをおすすめします。

100円レフ板作成!

100円ぐらいで簡単につくれます

材料

アルミホイル

ダンボールか厚紙

blog_import_527c9023a7a73

たんボールにアルミホイルを巻いてテープで固定するだけです

二つ折りにできるように2枚作成して

テープで2枚を固定すればできあがりです!

レフ板だけでは、まだ光量が足りません。

私が使用しているLEDライトです

615qoJ8QvdL._SL1024_

Craphy C-204 撮影ライト 204球 LED ビデオライト 1200ルーメン

 

こちらのライトを使用しています。

1,200ルーメンなのでとても明るくできます!

手持ちの三脚に固定して使っていますが

一つデメリットがあります

本体には電源ケーブルがありません

単3電池でも6本で稼働できますが

すぐに電池が切れてしまうので

DC12V1A 5.5mmの電源ケーブルが手持ちにあったので代用しています。

リサイクルショップに沢山ありますので、本体を持っていて

繋いでテストをして稼働するならそのDCを使うといいですよ

新品でも1000円ぐらいで買えます

ただし、購入前に自分でしらべてくださいね。

記事が気に入りましたら、バナーをクリックしていただけますと嬉しいです

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ       


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL